気になるワードで検索
キーワード
ジャンル
曜日
開始時間

トップ★語学ワールドカルチャー > 「忍び」文化とその継承―現代の忍者を迎えて― 習志野 青龍窟×伊藤 賀一6/30


「忍び」文化とその継承―現代の忍者を迎えて― 習志野 青龍窟×伊藤 賀一6/30

開催日 6/30
第4日曜 14:00〜15:30
講師 習志野 青龍窟[ならしの せいりゅうくつ]

講師 伊藤 賀一[いとう がいち]

講座内容
「忍び」文化とその継承―現代の忍者を迎えて― 習志野 青龍窟×伊藤 賀一6/30

CROSS TALK  第20回  


「忍び」文化とその継承
     ―現代の忍者を迎えて―


習志野 青龍窟
 (『忍道』陰忍五段師範/国際忍者学会会員)
          ×  
伊藤 賀一 
 (社会科講師/著述業/リングアナウンサー)

 

21世紀、令和の世に忍者?

 

過去のクロストーク中、最もエッジの効いたゲストを迎え、
日本人各世代&インバウンド旅行者にも大人気の「忍び」について、
日本史講師からは歴史の総論を、
忍者からは具体的な各論を提示。

この機会に、忍者に直接、何でも聞いてください。 




講師プロフィール

◇習志野 青龍窟(ならしの せいりゅうくつ)
本名 五十嵐剛 (いからし つよし)
1988年東京都生まれ。埼玉県在住。
日本大学文理学部 哲学科卒。

幼少より様々な武道や格闘技を学ぶ。
2009年に伝統文化の発信を修行の一環とする都内の忍者団体に所属し、インバウンド向けの文化体験ツアーやショー、セミナーなどを数多く手がけ「忍者 習志野」として国内外のメディアに多数の出演をして実績を積む。
スウェーデン、台湾、ドイツなど、海外でも忍術体験を指導。
映画「サムライマラソン」での忍術指導や来日したモナコ公国の公子公女に忍者体験なども担当した。
現在、忍道師範として都内を中心に忍道教室を展開。
忍術・武術参究者として山修行の実践や武術稽古、忍術資料の検証を通じて、温故知新の技術を今に伝え、忍道の普及に努めている。

『忍道』陰忍五段師範
国際忍者学会会員
松聲館技法研究員
関口流抜刀術山田道場門下
里山武芸舎所属
東京都港区防災アドバイザー(忍術防災)

講師HP<https://ninjack.jp/ninjas/narashino/>  
X<https://twitter.com/@3618Tekubi>


 

◇伊藤 賀一
新選組の京都・壬生育ち
22歳で法政大学文学部史学科卒業後に、43歳で早稲田大学教育学部生涯教育学専修を一般受験し49歳で卒業。
東進ハイスクール等を経てリクルート「スタディサプリ」日本史・歴史総合・倫理・政経・現社・公共、地理・歴史・公民の9科目担当。
シアタープロレス花鳥風月リングアナ。
調布FM毎週金曜『伊藤賀一のPM11』パーソナリティ。

著書・監修書 書籍累計は74冊以上、125万部超。※紙のみ電子抜き(2024年5月時点)
近著に『残酷な世界でどう生きるか 「進撃の巨人」の言葉』(総合法令出版)、『学習版 日本の歴史人物かるた NEW』(幻冬舎)など。

講師HP<http://www.itougaichi.com/>
X<https://twitter.com/itougaichi>




※学生は学生割にてお申込いただけます。
お支払い方法の注意点
ホームページよりWEB決済(24時間受付)の場合は、クレジットカードのみの決済となる為、学生でクレジットカードをお持ちでない場合は以下の方法がございます。

●8階総合受付でのご決済は、現金でお支払い頂けます。
(受付時間:月〜土曜日 12:00〜19:00、日曜日 10:00〜17:00)

●銀行振込ご利用でのお手続き(振込手数料お客様負担)は、お電話でお申し込み頂けます。(電話受付時間:月〜土曜日 10:00〜17:30、日曜日 10:00〜16:30)

「忍び」文化とその継承―現代の忍者を迎えて― 習志野 青龍窟×伊藤 賀一6/30
講座概要
曜日・時間帯
第4日曜 14:00〜15:30
開催日
6/30
回数
1回
講師
習志野 青龍窟[ならしの せいりゅうくつ]
伊藤 賀一[いとう がいち]
備考
※学生は学生割にてお申込いただけます。(お支払い方法の注意点等は案内文下記をご参照ください)
⇒受講時に学生証をご提示いただきます。(大学生まで対象)
体験・見学
見学不可 
お問い合わせ
03-5949-5487
お申し込み
会員・一般共
3,729円(税込)
学生
2,970円(税込)
  • 「体験」料金の表示がない場合は、講座概要にあるカリキュラムのページでご確認をお願いいたします。
  • 「★」印が表示されている場合の「料金合計」、「(内消費税)」についてはお電話か窓口までお問い合わせください。
  • 「受講申込」ボタンがない場合は、お電話か窓口までお問い合わせください。
  • 7月期、1月期講座のお申し込み時は、6カ月一括支払コースは選択できません。
講師 習志野 青龍窟[ならしの せいりゅうくつ]

『忍道』陰忍五段師範/国際忍者学会会員
講師 伊藤 賀一[いとう がいち]

社会科講師/著述業/リングアナウンサー

プロフィール


習志野 青龍窟:
『忍道』陰忍五段師範/国際忍者学会会員/松聲館技法研究員/関口流抜刀術山田道場門下/里山武芸舎所属 /東京都港区防災アドバイザー(忍術防災)

本名 五十嵐剛 (いからし つよし)
1988年東京都生まれ。埼玉県在住。
日本大学文理学部 哲学科卒。

幼少より様々な武道や格闘技を学ぶ。2009年に伝統文化の発信を修行の一環とする都内の忍者団体に所属し、インバウンド向けの文化体験ツアーやショー、セミナーなどを数多く手がけ「忍者 習志野」として国内外のメディアに多数の出演をして実績を積む。スウェーデン、台湾、ドイツなど、海外でも忍術体験を指導。映画「サムライマラソン」での忍術指導や来日したモナコ公国の公子公女に忍者体験なども担当した。現在、忍道師範として都内を中心に忍道教室を展開。忍術・武術参究者として山修行の実践や武術稽古、忍術資料の検証を通じて、温故知新の技術を今に伝え、忍道の普及に努めている。





□伊藤賀一:日本史など社会科講師/著述業/リングアナウンサー

1972年9月23日京都生まれ。新選組で有名な壬生に育つ。
朱雀第一小学校→中京中学校→私立洛南高校→法政大学文学部史学科を
22歳で卒業。
東進ハイスクール最年少講師として30歳まで出講後、教壇を一旦離れる。全国を住み込みで働きながら見聞を広め、四国遍路を含む4年のブランクを経て秀英予備校で復帰。経験職種は20以上という、多彩な経験をベースに圧倒的話術で展開される講義は、爆笑で「教室が揺れる」と形容される。
43歳で一般受験し、2022年3月、早稲田大学教育学部生涯教育学専修を1留年、1自主休学後に49歳で卒業。


著書・監修書は、文庫『世界一おもしろい日本史の授業』シリーズ、『英語で読む世界一おもしろい日本史の授業』『ゴロ合わせ朗読CD付日本史まるごと年代暗記180』『カゲロウデイズで中学歴史が面白いほどわかる本』(以上KADOKAWA)、『きめる!センター倫理』(学研プラス)、『伊藤賀一の速攻!センター現代社会』(文英堂)など書籍累計は74冊以上、125万部超。※電子含まず(2024年5月時点)
旺文社『全国大学入試問題正解 日本史』解答者でもある。

活動は受験指導に留まらず、辰巳法律研究所・池袋コミュニティカレッジ・ホームクレール等、社会人向けスクールにも出講中。数々のTV出演や、シアタープロレス花鳥風月のリングアナウンサーを務めていることでも有名。調布FM毎週金曜『伊藤賀一のPM11』パーソナリティを6年務める。