気になるワードで検索
キーワード
ジャンル
曜日
開始時間

トップ★文芸・歴史 > 【まずは2回で学ぶ】岩田由美の「俳句、始めてみませんか」4/27・5/18


【まずは2回で学ぶ】岩田由美の「俳句、始めてみませんか」4/27・5/18

開催日 4/27
第3・4土曜 13:30〜15:30
講師 岩田 由美

講座内容
【まずは2回で学ぶ】岩田由美の「俳句、始めてみませんか」4/27・5/18
みたもの、感じたことを17音にする楽しさをご一緒に!

【まずは2回で学ぶ】岩田由美の「俳句、始めてみませんか



春から何かをはじめてみたい、俳句をやってみたいけれど自分にできるかな?と
思っている方いらっしゃいませんか?

はじめたい!というその気持ちがあれば、大丈夫。
俳句はどうやってつくるのか?、季語はどう使えばいいのか?、自分がつくったものは俳句といえるの?など、そんな不安を解消する、2回で学ぶ「集中俳句講座」です。

はじめたいという気持ちがあれば、是非、ご参加ください。
俳句とは何か?季語の存在は分かってるけど、その先で悩んでる人にもオススメです。

【カリキュラム】
4/27 俳句の作り方、季語の働きなどを穴埋めもしながら解説
5/18 兼題:「祭・若葉」、「夏の季語」で3〜4句ご投句いただいた俳句を見ながら、「切れ字」のことや「表現のさまざま」、「名句の読み方」などにも触れてみます。 

6月から定例講座(第四土曜日14:00〜16:00として開催予定です

【まずは2回で学ぶ】岩田由美の「俳句、始めてみませんか」4/27・5/18
講座概要
曜日・時間帯
第3・4土曜 13:30〜15:30
開催日
4/27
回数
2回
講師
岩田 由美
備考
【カリキュラム】
4/27 俳句の作り方、季語の働きなどを穴埋めもしながら解説
5/18 兼題:「祭・若葉」、「夏の季語」で3〜4句ご投句いただいた俳句を見ながら、「切れ字」のことや「表現のさまざま」、「名句の読み方」などにも触れてみます。 
体験・見学
お問い合わせ
03-5949-5481
お申し込み
会員一般とも
7,524円(税込)
  • 「体験」料金の表示がない場合は、講座概要にあるカリキュラムのページでご確認をお願いいたします。
  • 「★」印が表示されている場合の「料金合計」、「(内消費税)」についてはお電話か窓口までお問い合わせください。
  • 「受講申込」ボタンがない場合は、お電話か窓口までお問い合わせください。
  • 7月期、1月期講座のお申し込み時は、6カ月一括支払コースは選択できません。
講師 岩田 由美

俳人・俳人協会幹事

プロフィール


岩田 由美
昭和 36 年岡山市生まれ。波多野爽波に師事。俳誌「青」を経て、「藍生」「屋根」に所属。1989 年、作品「怪我の子」にて第 35 回角川俳句賞受賞。1993 年、第 1 回藍生賞受賞。句集に『春望』(花神社、1996 年)、『夏安』(花神社、2002 年)、『花束』(ふらんす堂、2010 年)、著書に『奥の細道-旅をして名句』(学研マーケティング、1991 年)、『夫婦の歳時記』(共著、蝸牛社、1997 年)、句集『雲なつかし』(ふらんす堂・2017念)がある。
2011年、『花束』で第50回俳人協会新人賞受賞。

代表句
鳥の恋梢をともに移りつつ
めつむればくまなく春の水の音
校長の机の上の夏帽子
救急車夜の向日葵を照らしたる
天高きまま満月の空となる