トップ>池袋コミュニティ・カレッジ >講座詳細


俳句の実作と鑑賞

開催日 10/1から
第1・3金曜 10:15〜12:15

講師 栗林 圭魚[けいぎょ]


講師 飯川 三無[さんむ]


講座内容

一人一人個別に指導。初心者の方も大歓迎!


俳句の実作と鑑賞



俳句の季題に親しみ、五七五のリズムを覚えると、日々の暮らしに新しい発見が生まれます。句会を中心に、また名句を味わいながら俳句を楽しみましょう。初めての方にも丁寧にご指導いたします。

講座概要
曜日・時間帯
第1・3金曜 10:15〜12:15
開催日
10/1から
回数
10回
講師
栗林 圭魚[けいぎょ]
飯川 三無[さんむ]
備考
●体験随時可●講座当日欠席される場合は、欠席投句を承ります。ファックスでしたら、03-5949-3747までお送りくださいませ。●5句投句:3句は兼題で、残り2句は兼題または自由で。
体験・見学
随時
お問い合わせ
03-5949-5481
カリキュラム
お申し込み
6ヵ月
31,240円(税込)
一般体験
3,674円(税込)

★講座の体験・見学をご希望の方
体験・見学ご希望の方は下記のボタンからお申し込みください。またはお電話か窓口までお問い合わせください。

体験・見学
  • 「体験」料金の表示がない場合は、講座概要にあるカリキュラムのページでご確認をお願いいたします。
  • 「★」印が表示されている場合の「料金合計」、「(内消費税)」についてはお電話か窓口までお問い合わせください。
  • 「受講申込」ボタンがない場合は、お電話か窓口までお問い合わせください。
  • 7月期、1月期講座のお申し込み時は、6カ月一括支払コースは選択できません。

講師 栗林 圭魚[けいぎょ]


俳人

講師 飯川 三無[さんむ]


俳人

プロフィール


栗林圭魚(けいぎょ):「花鳥」名誉主宰坊城中子の指導を受け、俳句を始める。「花鳥」「ホトトギス」「知音」同人。『知られざる虚子』(角川学芸出版・第23回俳人協会評論賞受賞)。『季題拾遺』(学芸みらい社)。
代表句:銀の月の隈無き修二会かな 浅草や蝶にやさしき鉢の路地

飯川三無(さんむ):「花鳥」名誉主宰坊城としあつ、坊城中子の指導を受け、俳句を始める。「花鳥」「ホトトギス」同人。伝統俳句協会卯浪教室講師。俳号の「三無」は、としあつ先生よりいただいた。
代表句:紅葉散るフランスパンの並ぶ籠 境内をたっぷり使ひ黒揚羽 己の影日時計として秋耕す

写真左・栗林圭魚先生/写真右・飯川三無先生