気になるワードで検索
キーワード
ジャンル
曜日
開始時間

トップ>池袋コミュニティ・カレッジ > ★美術 > ルネサンス、天使のテンペラ画(大森)


ルネサンス、天使のテンペラ画(大森)

開催日 10/1から
第1・3・5土曜 10:15〜12:45

講師 大森 伸樹


講師 石原 靖夫


講座内容
ルネサンス、天使のテンペラ画(大森)
石膏下地を作った板の上に浮き彫り飾りを施し、金箔をメノウ棒で磨き上げ、刻線や刻印を打ち込む方法や、卵黄と顔料を練り合わせた絵具による人物の描き方などを模写を通じて習得していきます。また羊皮紙ミニアチュール(中世写本)の描き方や、伊ルネサンス古典額縁の制作、混合技法も学べます。初めての方からベテランの方まで各々丁寧に創作のお手伝いをいたします。

『ルネサンス、天使のテンペラ画』3つの特徴

特徴1 【初心者からベテランまで】


テンペラ画が初めてでも大丈夫。石膏下地の作り方、金箔の貼り方磨き方、刻印の方法、卵黄と顔料での人物の描き方などを模写(アンジェリコ、ボッティチェリなど)をすることで習得します。ベテランの方はさらにより高度な技術を学び多様化していきます。

特徴2 【テンペラ画、羊皮紙、額縁、混合技法】


卵黄背景板絵テンペラ画のみならず、ベーリー侯爵の豪華時祷書のような羊皮紙ミニアチュールの模写もできます。またルーブル、ウフィッツィ、プラド美術館にあるような本格的なルネサンス額縁の制作も可能。さらに混合技法は、エルンスト・フックスの高弟AOI会長ブリジット・マリーン女史の“ミッシュテクニック”を伝授いたします。
※先生は、スペイン・トレド展やフランス・スダン展でブリジット・マリーン女史とご一緒に展示されました。

特徴3 【より世界に羽ばたきます】


2010年より毎年渡仏。パリを拠点にヨーロッパ各地で展覧会に参加してきた経験から、様々な作品、作家の交流を経て、日本国内の流行に捉われないより国際的な創作のお手伝いができます。自分自身の作品を目指して、より世界に羽ばたきましょう。

ルネサンス、天使のテンペラ画(大森)
講座概要
曜日・時間帯
第1・3・5土曜 10:15〜12:45
開催日
10/1から
回数
6回
講師
大森 伸樹
石原 靖夫
備考
新規でご希望の方は、必ず事前に見学の上お申し込みください。
※体験者の教材費は、板代です。金箔代別途(1枚につき300円程度)
体験・見学
体験指定日
お問い合わせ
03-5949-5494
お申し込み
3ヵ月
24,860円(税込)
6ヵ月
48,268円(税込)
一般体験
4,510円(税込)

★講座の体験・見学をご希望の方
体験・見学ご希望の方は下記のボタンからお申し込みください。またはお電話か窓口までお問い合わせください。

体験・見学
  • 「体験」料金の表示がない場合は、講座概要にあるカリキュラムのページでご確認をお願いいたします。
  • 「★」印が表示されている場合の「料金合計」、「(内消費税)」についてはお電話か窓口までお問い合わせください。
  • 「受講申込」ボタンがない場合は、お電話か窓口までお問い合わせください。
  • 7月期、1月期講座のお申し込み時は、6カ月一括支払コースは選択できません。

講師 大森 伸樹


画家

講師 石原 靖夫


監修

プロフィール


多摩美術大学油絵科卒。日本におけるテンペラ画界の泰斗、石原靖夫氏に師事。東京・パリを中心にヨーロッパ各地で作品を発表。IFAA(日)、アート・ペール・インターナショナル(仏)所属。<http://nobukisomori.wixsite.com/nobukiomori>
<https://artpair.org/>