綾瀬
セブンカルチャークラブ
店舗を探す
気になるワードで検索
セブンカルチャークラブ
綾瀬
キーワード
ジャンル
曜日
開始時間

トップ店舗一覧綾瀬音楽 > ウクレレ弾き語り


ウクレレ弾き語り

開催日 開講中
第1・3木曜 13:00〜14:30
講師 アネラ

講座内容

ウクレレ弾き語り
▼ 講座のポイント
「初心者から上級者までOK」
全くの初心者からプロ志向まで、同じ教室内で同じ時間内に、臨機応変に対応しています。人生初めてウクレレに触るかたでも大歓迎です。(英語、中国語での対応も可)

「ご用意頂く楽器」
メーカー、お値段、サイズを問わず、一般的なウクレレでしたらレッスンでご使用いただけます。新たにご購入されるかたには、一般的な「High-Gチューニング」の弦が張られた楽器をお勧めします。他にもチューナー、筆記具をご用意ください。

「教材」
講師が用意した譜面や資料を使用します。
レッスンの選曲やペースも、受講生のお一人お一人のレベルに応じて講師がサポートします。

「予習?それとも復習?」
宿題は出しませんが、ご自宅での練習には「復習」をお勧めします。もし、先を急ぎ過ぎたり、独学で誤った癖を身に付けてしまうと、正しくリセットするのに余計な労力と時間が必要になってしまい、かえって遠回りです。

講座内容


☆あらゆるジャンル
ハワイアン音楽を中心に、日本語の曲や洋楽(英語の歌)、沖縄民謡など、楽しくチャレンジします。ウクレレで弾けないジャンルはありません。

☆あらゆる奏法
弾き語りの伴奏のみならず、ウクレレのメロディー弾きや、ハワイ式ストロークなども順次学習できます。

☆7つの歌唱法
魔法のボイストレーニングと呼ばれる秘策で、7種類の声に楽々チャレンジ。
(ハワイアン・ファルセット、声楽、民謡、ポップス、ジャズ、ホイッスルヴォイス、ウィスパー)

☆本場の発音で
講師はバイリンガル。外国語での弾き語りでは、より正しい発音で歌うノウハウを習得できます。
(ハワイアン音楽は、主にハワイ語、英語、日本語の3ヶ国語で歌われていますが、原語が難しい場合はカタカナでルビを振ってネイティブの発音に近づけます。)
YouTube:<https://youtube.com/@anellachannel8867>
ブログ:<https://ameblo.jp/anella/>

講座概要

曜日・時間帯

第1・3木曜 13:00〜14:30

開催日

開講中

回数

月2回

講師

アネラ

備考

体験・見学
随時(要予約)
お問い合わせ
03-3620-4153
カリキュラム

料金のご案内

月会費 
5,500円(税込)
■内訳
受講料:4,840円(税込)
教材費:440円(税込)
設備費:220円(税込)
上記とは別に、学習進度、制作作品の材料の違いで教材費が生じる講座がございます。

★講座の体験・入会をご希望の方
体験・入会ご希望の方は下記のボタンよりお申し込みください。見学につきましては店舗までお問い合わせください。(一部、体験・見学を設定していない講座がございます。)

体験・入会
  • 「体験」料金の表示がない場合は、講座概要にあるカリキュラムのページでご確認をお願いいたします。
講師 アネラ

「ハワイミュージック・アワード」最優秀賞グランプリ
レイクランド大学(日本校)特別客員講師

プロフィール

「ハワイミュージック・アワード」最優秀賞グランプリ
カイノア・ミュージック・アカデミー公認講師
FMラジオ・パーソナリティ 番組プロデューサー
レイクランド大学(日本校)特別客員講師

3歳からバイオリンの英才教育を受け絶対音感を身につける。
中高生「英語スピーチコンテスト」連覇。特待生として学費の全額免除を受けオーストラリア St.Ursula’s college へ留学し、帰国後は現役で早稲田大学(文)へ進学し言語学・音韻論並びに音楽学を専攻。「早稲田大学モダンジャズ研究会」にてボーカルを担当、数少ない「英語を正しい発音で歌えるボーカル」と期待されタモリの後輩として都内ライブハウスやホテルでのステージに立つ。

1996年よりハワイアン界のトップ・プロ 鴻池薫氏に師事、ウクレレと歌を根本から学ぶ。
1997年よりハワイアン音楽家としてのプロ活動を開始。(株式会社・鴻池プロダクション所属)
2002年、鴻池薫主宰「カイノア・ミュージック・アカデミー」公認講師としてカルチャー教室での講師業をスタート。
「2005年度 江ノ島音楽祭」にて最優秀アーティスト受章。
2006年、初のアルバム「天使の住む島」をリリース、「ハワイミュージック・アワード」の国際音楽部門にて「最優秀アルバム賞」受賞。
2008年「FMレディオ湘南」アシスタント・パーソナリティに抜擢され、以降FM西東京や横須賀FMのハワイアン番組のパーソナリティを経て現在は師匠である鴻池薫氏と共に番組プロデュースを担当。

ウィスコンシン州「レイクランド大学」(日本校)でハワイアン音楽の特別客員講師に推薦される。
2013年、東日本大地震の復興支援アルバム「悲しみを超えて」をリリース。岩手日報紙にて大々的に掲載され、楽曲がカラオケJOYSOUND(ジョイサウンド)に導入される。
2015年、セカンド・アルバム「Anella 」をリリース。ハワイアン界のグラミー賞に匹敵する「ナホク・ハノハノ・アワード」にノミネートされ、同年「ハワイミュージック・アワード・ジャパン」にて「最優秀アルバム賞」受賞。
2017年、音楽活動20周年記念コンサートを「浦安音楽ホール」にて開催。
2022年、「カイノア・ミュージック・アカデミー」でハワイ語の指導スタート。
2023年現在、再び前述の「レイクランド大学」(錦糸町キャンパス)にハワイアン音楽文化の特別客員講師として招かれている。

ウクレレ講師歴は20年を超え、現在までに総勢約1200名以上の指導にあたる。(2023年/自社統計)ハワイアン伝統のウクレレ奏法のみならず、弾き語り奏法からメロディー弾き奏法まで、世代を超えた名曲ポップス、ジャズ、民謡、抒情歌など様々なジャンルを題材に幅広くこなす。
またハワイ語、英語、中国語、日本語の「マルチリンガル」として、歌詞の発音指導にも力を入れ、多くの弟子たちを業界へ送り出し続けている。
YouTube:<https://youtube.com/@anellachannel8867>
ブログ:<https://ameblo.jp/anella/>

開催日を確認