トップ>池袋コミュニティ・カレッジ >講座詳細


和裁 

開催日 10/5から
第1・3火曜 10:15〜12:15

講師 小林 操子


講座内容
まず、木綿(晒)を用いた肌襦袢を5〜6回かけて製作しながら、基礎技術を身につけて行きます。次に女物や男物の長着、続いて長襦袢へと進みます。又、麻や絹など地質の違う仕立て方、染や織、模様等の特徴も学んで行きます。その後、更に高度な技術の各種袷仕立てへと進みます。基本的なカリキュラムはなく、教材は各自で選び、自分のペースで学んで行きます。お教室と家での作業を組分けると進度はより早くなります。
-----
小林操子:37年務めた都内の服飾系短大を退職後、カルチャーセンターで「和裁」を教えるようになる。また、時にはNHHKの朝のテレビ小説や大河ドラマなどで裁縫指導など。

講座概要
曜日・時間帯
第1・3火曜 10:15〜12:15
開催日
10/5から
回数
6回
講師
小林 操子
備考
体験・見学
体験不可
お問い合わせ
03-5949-5483
カリキュラム
お申し込み
3ヵ月
20,460円(税込)

★講座の体験・見学をご希望の方
体験・見学ご希望の方は下記のボタンからお申し込みください。またはお電話か窓口までお問い合わせください。

体験・見学
  • 「体験」料金の表示がない場合は、講座概要にあるカリキュラムのページでご確認をお願いいたします。
  • 「★」印が表示されている場合の「料金合計」、「(内消費税)」についてはお電話か窓口までお問い合わせください。
  • 「受講申込」ボタンがない場合は、お電話か窓口までお問い合わせください。
  • 7月期、1月期講座のお申し込み時は、6カ月一括支払コースは選択できません。

講師 小林 操子


和裁作家

プロフィール


37年務めた都内の服飾系短大を退職後、カルチャーセンターで「和裁」を教えるようになる。また、時にはNHHKの朝のテレビ小説や大河ドラマなどで裁縫指導など。