気になるワードで検索
キーワード
ジャンル
曜日
開始時間

トップ★文芸・歴史 > 堀田季何の「短歌るんるん」


堀田季何の「短歌るんるん」

開催日 4/26から
第4金曜 19:00〜21:00
講師 堀田 季何[ほったきか]

講座内容
堀田季何の「短歌るんるん」
思っていることを自由に31音にたくして

堀田季何の「短歌るんるん」



▼ 講座のポイント
これから短歌をお始めになる方は、短歌のご提出なしでも、ご提出1首でも、ご自身のペースでお始めください


各回の講座では、先人たちの短歌を鑑賞したり、「短歌づくりにつながるレッスン」も!


旅に出た時、一日を振り返った時、ふと感じたことを言葉にしている、そんな瞬間が誰にもあるはず。
その言葉をすくい出し、「57577」の31音(みそひともじ)にしてみませんか。
あなたの思いを自由に歌にしてみる。そこがスタートです。

短歌初心者の方を対象としていますが、ご経験者の方もご参加いただけます。

【カリキュラム】
事前に2首ご提出いただきます。みなさまの歌をすべて講評いたします。

<短歌ご提出先>cc-bungei@7cn.7andi.co.jp
件名に堀田季何の短歌講座とお書きいただき、
メール本文中に2首とお名前をお忘れなくお書きください。

●事前に2首をお送りください。

・4月の題詠
「うんちくのことば」「知らなさそうな事柄・言葉」をいれて一首

・「題詠」と「自由詠」各1首、合計2首をお送りください。
ご不明点等ございましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ

短歌がはじめての方は、自由詠のみ、また、1首だけのご提出でも結構です。まずは是非ご参加ください

短歌ご提出については、出来る限り、メールでのご提出をお願いしておりますが、そのほかの方法をご希望の場合はご相談ください。

講座概要
曜日・時間帯
第4金曜 19:00〜21:00
開催日
4/26から
回数
6回
講師
堀田 季何[ほったきか]
備考
●8月は第5金曜日となります。

短歌2首を各講座日の7日前の金曜日中までにご提出くださいませ。

<短歌ご提出先>cc-bungei@7cn.7andi.co.jp
件名に堀田季何の短歌講座とお書きいただき、メール本文中に2首とお名前をお忘れなくお書きください。
体験・見学
体験随時可
お問い合わせ
03-5949-5481
お申し込み
6ヵ月
22,572円(税込)
一般体験
4,312円(税込)

★講座の体験・見学をご希望の方
体験・見学ご希望の方は下記のボタンからお申し込みください。またはお電話か窓口までお問い合わせください。

体験・見学
  • 「体験」料金の表示がない場合は、講座概要にあるカリキュラムのページでご確認をお願いいたします。
  • 「★」印が表示されている場合の「料金合計」、「(内消費税)」についてはお電話か窓口までお問い合わせください。
  • 「受講申込」ボタンがない場合は、お電話か窓口までお問い合わせください。
  • 7月期、1月期講座のお申し込み時は、6カ月一括支払コースは選択できません。
講師 堀田 季何[ほったきか]

歌人・俳人

プロフィール


堀田 季何:「短歌」同人、「楽園」主宰。春日井建に師事。短歌により、日本歌人クラブ東京ブロック優良歌集賞、石川啄木賞。著書に歌集『惑乱』、句集『亜刺比亜』『星貌』『人類の午後』、など。現代歌人協会、日本歌人クラブ会員。多言語多形式で創作。近著に『読み方・楽しみ方を案内する18章 俳句ミーツ短歌』(笠間書院)がある。

代表歌
疵口の癒着のごとき繋がりをたもちて母と道歩くなり
ぬばたまの黒酢酢豚を切り分けて闇さらに濃く一家団欒
人間をやめよと言はれあつさりと辞めたる晩はそよぐほかなく
点滴はわが寝ねし間も青き血を薄めてやまずすみれの色に
金魚玉の水たゆたふを見つめつつ金魚となりぬ美(は)しき白日
チェロの音が暗緑色の蛇となり吾が神経とからみあふとき
わがむくろ土に崩れてももとせの時しめぐらば黒百合よ咲け
決潰の目玉をすする食卓に秋のひかりは淫のごとしも
その月と同心円の君なれば蝕の光のやはらかきかな
ヒルベルト空間すでにおとろへてある日名残の雪降りだすも