気になるワードで検索
キーワード
ジャンル
曜日
開始時間

トップ★文芸・歴史 > 小説は美味しい


小説は美味しい

開催日 7/25から
第4木曜 10:30〜12:30
講師 衣袋 丘[いぶくろたかし]

講座内容
極上の趣味を極める

小説は美味しい



【小説を書く時のポイント】

▼ 講座のポイント
日本語の技術力

想像力または創造力

展開力



小説を書くということは、料理を作ることにかなり似ていると思います。

味の基礎知識(日本語の技術力)、

日本料理か中国料理か、はたまたイタリアンなのかという料理の方向性(想像力)、

そして見た目も考慮した一品の完成度(展開力)。

そして最終的にはお客さん(読者)を納得させること。

こう考えると、おそらく作品を仕上げることが楽しくなるのではないかと思います。力まずゆっくりと、そして常に読み手を意識した文章構成を考える、そのための講座だと考えます。是非美味しい作品を仕上げてください。

講座を受講するにあたって、必ずやってほしいことがあります。それは、講座内容が短編を仕上げるということなので、山本周五郎さん、村上春樹さん、宮部みゆきさん、そして海外物ならアガサ・クリスティーのエルキュール・ポワロシリーズの短編を何編か読むということです。短編の表現力は、名作を読まないと身につきません。

この講座では3回で短編小説(原稿用紙20枚以内)を目指して作品を書いてみます
この講座はファンタジー以外の小説をご提出いただくことをお願いしております

【カリキュラム】
1回目 提出されたプロットをもとに講義(A4 5枚程度・人物設定、ストーリー展開と結末)を書いたプロットをご提出いただきます。
2回目 第1章 10枚程度の作品をご提出いただきます。
3回目 原稿を書き上げてご提出いただきます。

【作品締切日】
各日程の10日前までに、メールで当カレッジにご提出ください。
(池袋コミカレ 文芸係 cc-bungei@7cn.7andi.co.jp TEL:03-5949-5481)
ご提出いただいた作品を事前にみなさまと講師に転送いたします。お目通しいただき、講座当日ご参加ください。プリントしてご持参になられるかどうかは、みなさまにお任せいたします。当カレッジではコピーはいたしません。ご了承ください。

講座概要
曜日・時間帯
第4木曜 10:30〜12:30
開催日
7/25から
回数
3回
講師
衣袋 丘[いぶくろたかし]
備考
●作品の提出はパソコンで添付ファイルにてお送りください。提出先:cc-bungei@7cn.7andi.co.jp ●提出された作品を事前に皆様にメールいたしますのでご一読の上、ご参加ください。●講座当日、プリントしたものを配布などはいたしませんので、ご入用の場合はご自身でプリントの上ご参加ください。
体験・見学
4/25、7/25
お問い合わせ
03-5949-5481
カリキュラム
お申し込み
3ヵ月
10,560円(税込)
6ヵ月
申込不可
一般体験
4,070円(税込)

★講座の体験・見学をご希望の方
体験・見学ご希望の方は下記のボタンからお申し込みください。またはお電話か窓口までお問い合わせください。

体験・見学
  • 「体験」料金の表示がない場合は、講座概要にあるカリキュラムのページでご確認をお願いいたします。
  • 「★」印が表示されている場合の「料金合計」、「(内消費税)」についてはお電話か窓口までお問い合わせください。
  • 「受講申込」ボタンがない場合は、お電話か窓口までお問い合わせください。
  • 7月期、1月期講座のお申し込み時は、6カ月一括支払コースは選択できません。
講師 衣袋 丘[いぶくろたかし]

編集者・元別冊サライ編集長

プロフィール


衣袋 丘(いぶくろ・たかし):編集者。
大学卒業後小学館に入社。『小学二年生』『GORO』『テレパル』『サライ』など数多くの雑誌編集を経て、『別冊サライ』の責任編集者となる。当時グラビア主流の雑誌群の中で活字の楽しさを常に追い求める。犬好き。