気になるワードで検索
キーワード
ジャンル
曜日
開始時間

トップ★美術 > 『大辻清司実験室』をめぐって 写真制作を考える 5/25・6/22・8/5


『大辻清司実験室』をめぐって 写真制作を考える 5/25・6/22・8/5

開催日 @ 5/25(土) A6/22(土) B 8/5(月)
5/25・6/22(土)14:00〜16:00  8/5(月)19:00〜21:00
講師 潮田登久子 小平雅尋/島尾伸三 田村彰英

講師 /大日方欣一 畠山直哉(日別50音順)

講座内容
『大辻清司実験室』をめぐって 写真制作を考える 5/25・6/22・8/5
写真制作を考える特別講座

「大辻清司実験室」をめぐって


昨年、生誕100年を迎えた写真家大辻清司氏が1975年1月号から12月号まで月刊「アサヒカメラ」に連載した写真と文章「大辻清司実験室」が復刻され、書籍となりました。刊行を機にゆかりのある写真家が写真制作について語り合います。
■日時:5月25日(土)・6月22日(土) 14:00〜16:00
 8月5日(月)19:00〜21:00

■講師: (日別に50音順)
第1回 5月25日  
写真家 潮田登久子
 HP:<http://www.usimaoda.com/>
写真家 小平雅尋
 HP:<https://www.kodairam.com/>
第2回 6月22日
写真家 島尾伸三
 HP:<http://www.usimaoda.com/>
写真家 田村彰英
フェイスブック<https://www.facebook.com/akihide.tamura.3>
池袋コミュニティ・カレッジ講師
田村彰英の銀塩写真入門講座 東京銀塩写真クラブ
<https://cul.7cn.co.jp/programs/program_1002653.html>
第3回 8月5日
フォトアーキビスト 大日方欣一
写真家 畠山直哉
■参加費(消費税込み)
3回分:コミカレ会員・一般 10,230円 
1回券もございます各1回 コミカレ会員・一般  3,740円 
  5/25 1回  <https://cul.7cn.co.jp/programs/program_1012655.html>
  6/22 1回 <https://cul.7cn.co.jp/programs/program_1012658.html>  
  8/5 1回 <https://cul.7cn.co.jp/programs/program_1012115.html> 


『大辻清司実験室』 大辻 清司著 発行:リブラ出版 発売:東方出版
<https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784862494443>
大辻清司 (おおつじ・きよじ)
写真家。1923年東京生まれ。1940年代末にシュルレアリスムからの影響を色濃く窺わせる写真作品《いたましき物体》を発表し創作活動を開始。1950年代にはインターメディアの前衛芸術グループ「実験工房」に参加。さまざまな芸術ジャンルのアーティストと交流し、20世紀末まで約半世紀にわたり制作と思索の営みを続けた。同時代芸術の貴重かつ膨大なドキュメントを撮影したことでも知られる。長年携わった写真教育の場でも重要な業績を残し、高梨豊、潮田登久子、牛腸茂雄、畠山直哉をはじめ多くの優れた才能を見出し、世代を超えて感化を及ぼしあった。また、写真というメディアの特性と新しい表現への可能性を考察した優れたエッセイを数多く執筆。著作に『写真ノート』(美術出版社 1989)、『大辻清司実験室』(1975年1月号〜12月号月刊「アサヒカメラ」連載 2023年書籍化 リブラ出版)。代表作に『陳列窓』(1956)、『無言歌』(1956)、『東京むかし』(1967)、『日が暮れる』(1975)ほか。2001年にご逝去。享年78。

講師紹介 
第1回 5月25日 
潮田登久子(うしおだ・とくこ)写真家 HP:<http://www.usimaoda.com/>
1940年東京生まれ。1963年桑沢デザイン研究所写真学科卒業。1966年から1978年まで桑沢デザイン研究所および東京造形大学講師を務める。
1975年頃からフリーランスの写真家。
代表作に様々な家庭の冷蔵庫を撮影した『冷蔵庫/ICE BOX』、
書架に在る書籍を主題とした『本の景色/BIBLIOTHECA』3シリーズには、『みすず書房旧社屋』、
大辻清司氏のアトリエを撮影した写真集に『先生のアトリエ・ 大辻清司は私の先生だった』などがある。
ほかに『照片 Chinese people』『帽子』『マイハズバンド』。
2018年に土門拳賞、日本写真協会作家賞、東川賞国内作家賞受賞、2019年5月に桑沢特別賞、2022年「Paris Photo–Aperture PhotoBook Awards」審査員特別賞を受賞。

小平雅尋(こだいら・まさひろ)写真家 HP:<https://www.kodairam.com/>
1972年、東京生まれ。1996年から大辻清司のアーカイブ作業に参加。展示企画やモダンプリント制作に携わる。
1997年、東京造形大学デザイン学科T類写真コース卒業
東京造形大学、立教大学、都立世田谷泉高校、都立工芸高校 講師
写真集:『杉浦荘A号室 Sugiuraso Room A <新装版>』『同じ時間に同じ場所で度々彼を見かけた』『在りて在るもの』『他なるもの』『ローレンツ氏の蝶』 
共編著:『大辻清司実験室』大辻清司著(監修 小平雅尋)『大辻清司 「具体1956-57」をめぐって』『オマージュ瀧口修造展 事物と気配 大辻清司の写真』
著作物:「写真に導かれる」近藤耕人編『映像』2015年4月号(第1号)
「意味ではない写真」島尾伸三編『映像』2015年12月号(第2号)
コレクション:サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)東京アートミュージアム

第2回・第3回の講師紹介文は、「講師詳細」をご覧くださいませ。

講座概要
曜日・時間帯
5/25・6/22(土)14:00〜16:00  8/5(月)19:00〜21:00
開催日
@ 5/25(土) A6/22(土) B 8/5(月)
回数
3回
講師
潮田登久子 小平雅尋/島尾伸三 田村彰英
/大日方欣一 畠山直哉(日別50音順)
備考
持参品 特にありません。
講座15分前から受付番号順にご入場いただだきます。
1回券もございます。
最少催行人数各15名
体験・見学
お問い合わせ
03-5949-5494
お申し込み
3回会員一般
10,230円(税込)
  • 「体験」料金の表示がない場合は、講座概要にあるカリキュラムのページでご確認をお願いいたします。
  • 「★」印が表示されている場合の「料金合計」、「(内消費税)」についてはお電話か窓口までお問い合わせください。
  • 「受講申込」ボタンがない場合は、お電話か窓口までお問い合わせください。
  • 7月期、1月期講座のお申し込み時は、6カ月一括支払コースは選択できません。
講師 潮田登久子 小平雅尋/島尾伸三 田村彰英

講師 /大日方欣一 畠山直哉(日別50音順)

プロフィール


■講師(50音順):
第1回 5月25日
潮田登久子(うしおだ・とくこ)写真家 HP:<http://www.usimaoda.com/>
小平雅尋(こだいら・まさひろ)写真家 HP:<https://www.kodairam.com/>
第1回の講師紹介文は、「講座内容」をご覧くださいませ。

第2回 6月22日
島尾伸三(しまお・しんぞう)写真家 HP:<http://www.usimaoda.com/>
写真家、作家。1948年生まれ。島尾敏雄・ミホのもと、奄美大島で育つ。
1974年東京造形大学造形学部写真専攻科卒業。78年、潮田登久子(写真家)と結婚。写真家であるとともにエッセイスト、夫人の潮田登久子氏との共同作業によるアジアについての著作も多い。
写真集:『まほちゃん』『中華幻紀』『Something Beautiful Might Happen』『じくじく = Lesions 』など
著作:『香港市民生活見聞』『絵本 中華食三昧』『中華図案見学』『裏街春秋―中国庶民生活誌』『季節風 照片雑文★☆』『生活 照片雑文★★』『中国茶読本』『月の家族』『風の地図―島尾伸三のアジア漫歩』『星の棲む島』『ひかりの引き出し』『「ケンムンの島』『雲を呑む 龍を食す』『東京〜奄美 損なわれた時を求めて』『中華幻紀―照片雑文』『魚は泳ぐ―愛は悪』『禁産趣味者宣言』『小高へ 父 島尾敏雄への旅』『小岩へ 父敏雄と母ミホを探して』など
共編著:潮田登久子共著『中華人民生活百貨遊覧』『香港上海雑貨見物』『凝裸儒的中華天地」『中国のかわいいおもちゃ』『極楽マカオ案内』『マカオで道草』「中国庶民生活図引 食・遊・癒」中国製造 香港・澳門』
『パイロ・フォトグラフス・アニュアル 1989』『インディペンデント・フォトグラファーズ・イン・ジャパン 1976‐83』『映像』『検証島尾敏雄の世界』『島尾敏雄とミホ 沖縄・九州』など

田村彰英(たむら・あきひで)写真家
フェイスブック<https://www.facebook.com/akihide.tamura.3>
池袋コミュニティ・カレッジ講師
 田村彰英の銀塩写真入門講座 東京銀塩写真クラブ
<https://cul.7cn.co.jp/programs/program_1002653.html>

第3回 8月5日
大日方欣一(おびなた・きんいち)フォトアーキビスト 九州産業大学芸術学部教授
1991年、筑波大学大学院芸術学研究科単位取得満期退学。様々な美術大学で写真について教鞭をとり、現在は、九州産業大学芸術学部写真・映像メディア学科教授、同大学美術館館長。研究テーマは、写真文化史、20世紀の芸術運動と写真。
大辻清司氏のアーカイブ構築に携わり、『大辻清司武蔵野美術大学 美術館・図書館 所蔵作品目録』『生誕100年 大辻清司 眼差しのその先 フォトアーカイブの新たな視座』などを監修。

畠山直哉 (はたけやま・なおや)写真家 東京芸術大学 大学院 映像研究科教授
1958年岩手県陸前高田市生まれ。筑波大学芸術専門学群にて大辻清司に師事。1984年に同大学院芸術研究科修士課程修了。以降東京を拠点に活動を行い、自然・都市・写真のかかわり合いに主眼をおいた、一連の作品を制作。国内外の数々の個展・グループ展に参加。
写真集:『LIME WORKS』『Underground』『畠山直哉』『A BIRD』『Ciel Tombé』『気仙川』『陸前高田 2011‐2014』『丹後 古代史の遠いこだま』『津波の木』など
著作:『話す写真: 見えないものに向かって』『出来事と写真』など
1997年第22回木村伊兵衛賞受賞 2001年ヴェネツィア・ビエンナーレに日本代表の一人として出品、2012年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展日本館に出品(金獅子賞) 2001年第42回毎日芸術賞 2003年 日本写真協会年度賞 2012年芸術選奨文部科学大臣賞 2015年 紫綬褒章